二日酔い防止サプリの比較サイト

二日酔いって本当に頭が痛い問題というか、飲んでいる時はいいのですが、終わってしまうと後悔する癖ものですよね。

 

このにっくき二日酔いのしくみってみなさん果たして知ってますか?

 

人の肝臓には摂取したアルコール分解のためのアセトアルデヒド脱水素酵素があったりします。

 

この酵素の働きの強度によって、お酒に強い人か弱い人の相違が出てくるのです。

 

これが、二日酔いになりやすい人、バーサス、なりにくい人の差なんですね。

 

たとえばドイツでは人々のビールの消費量は半端ではなく、白人や黒人人種ってどうもお酒は強いよねって思ったりしませんか?

 

実際問題として、白人や黒人人種ってもとから、アルコールを分解するアセトアルデヒド脱水素酵素の働きが強いといわれているのですって。

 

逆に日本人等々の黄色人種はアセトアルデヒド脱水素酵素の働きが弱いということらしいです。

 

もちろん同じ黄色人種でも、アセトアルデヒド脱水素酵素の働きは個人差があったりします。

 

このアセトアルデヒド脱水素酵素の作用がとっても弱い人っていうのは、わずかのアルコール摂取量でも、顔真っ赤でこれ以上肝臓でアルコールを処理不能という状態に陥ります。

 

まずは、この顔が赤くなっているサイン。

 

これが肝臓からのサインとして考えるべきですね。

 

人との個人差って絶対ありますから、みんなと一緒に同じようにって調子にのって飲んでしまうことは禁物ですよ。